--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相も変わらず

2010年01月26日 03:18

元気に色々購入しておりますあせ

とりあえずの第一弾はこれ
IMG_0001.jpg

JOHN SMEDLEY



現代社会の落とし穴、一度ONLINEで購入すると

カモリスト

にがっつりリストアップされて巧妙かつそそるメールがあれやこれやと送られてきたりします。夏にポロシャツを購入したJOHN SMEDLEYからもちょくちょく新作のお知らせやセールのお誘いが舞い込みます。

加えて最近のポンド安。

「ジョンスメは定番だし、長く着られるから今買っておくとお得」

などと自分に言い訳してダイエットを先延ばしにするOLのような心境に自然と陥ります。


そんな中訪れたwinter sale。見るだけだからと覗いてみると僕好みのニットがチラホラと。

気づいたら二点購入。

IMG_0002.jpg


IMG_0003.jpg

Purple V-neck knit



IMG_0004.jpg

Ink Blue Turtle-neck


ジョンスメのニットは随分昔(学生時代)にカーディガンを一着購入したのみですが、その頃から滑らかな着心地にヤラれておりました。


今回は暗色系がメインの僕のワードローブに彩りを加えてみようと少し発色の良いアイテムをチョイス。着心地に関しては言わずもがなです。


お値段はと言うと、二着で約26000円ですので、リーミルズの直営店での値段の半分以下。


EGやG&Gもまだまだ買いたいアイテムが残ってますし、このまましばらくはポンド安が継続してくれることを切に願うばかりです。



スポンサーサイト

Sale第一号

2010年01月03日 12:15

昨日、神戸から帰ってきました。二泊三日といういささか慌ただしい日程の帰郷でした。

帰る間際に神戸の三ノ宮にある生田神社というお宮に初詣。で、微妙に新幹線に乗る時間まで間が空いたので久々に神戸のショップへ。


行った先は『Bshop』。神戸らしいセレクトでちょこちょこ行っていました。オールデンが全然流行らないうちからずっと扱っていたり、LAVENHAM、GYMPHLEXなどを頑固に置いていたり、と他のセレクトショップとは違った、神戸っぽいテイストのお店です。


今回は、

「SUNSPELのカットソーで良いのがあればなあ」

なんてあてもなく覗きに行ってみました。


で、思いもかけず見つけたのがこれ↓

IMG_0187-2.jpg

Comme des Garçons HOMME Jacket
Size : XS
Color : Navy




秋口あたりからずっとジャケットを探していました。

探していたのは以下の条件のジャケット。

1.形はオーソドックス
2.でもヒネリが効いている
3.色は定番

1の条件は、汎用性や自分の今までの服を考えると極端なシルエットは合わせにくいですし、何より僕が基本的にTraditionalなデザインが好きなので。

2の条件に関しては、いわゆる「ジャケパン」スタイルにならないような遊びも欲しいなと思っていたので。この辺は1との兼ね合いが難しいです。ヒネリが欲しいとはいえ、シルエット自体はオーソドックスじゃないと嫌だったので。

3はよくよくディテールを見ると面白い、ってのが今回のテーマでしたので。


で、今まで色々見てきたのですが、イタリアのサルトやイギリスのテイラーが作るジャケットは少し大人しい。かと言ってカジュアルブランドだと遊び要素が前面に出過ぎている、ってことで食指が動かないままでした。


で、今回のギャルソンのジャケット。

1.形は非常にオーソドックス。タイトめなシルエットも僕好み。
2.パッカリング加工を施してあります↓
IMG_0189-2.jpg

縫製によりあえて引きつれ(パッカリング)を起こして、表情に変化を持たせています。決してシワだらけで写真を撮ったのではありません。
このジャケット、リバーシブルにもなっているので、裏地にもボタンが付いていたりしてそれがチラチラ見えて表情に変化を持たせています。


リバーシブルだとこんな感じです↓

IMG_0188-2.jpg

僕には難易度が高いですねw

ギャルソンは好きなんですが、決してコアなファンではなくギャルソン的な着こなしをモノに出来るキャラではないので、日常のスタイルにヒネリを効かせる感じで登板させていこうと思っています。




で、もともとのお目当てのSUNSPEL。今回は三枚購入。

IMG_0191-2.jpg

V-neck Cut & Saw
Size : M
Color : Garnet



IMG_0193-2.jpg

V-neck Cut & Saw
Size : M
Color : White



IMG_0192-2.jpg

Turtle-neck Cut & Saw
Size : M
Color : Charcoal




サラサラの肌触りが好きで、SUNSPELは毎年買い足してしまうアイテムです。あと、なぜか薄手のタートルの首をクシュッとさせるのが好きなんですよね。そういう観点からも『クシュ感』がいい感じに出るのでSUNSPELを愛用しています。


おっと、Saleだったんで参考までに値段を。
ギャルソンのジャケット : ¥88,000の40%オフで¥52,800。
SUNSPELのカットソー : ¥68,00×2+¥7,800の20%オフで¥17,120


で、税込¥73,416


お気に入りを手にした満足感、プライスレスw

こんなのも買ってました

2009年12月31日 06:46

ブログはサボっていましたが、貧乏サラリーマンながらデフレ克服のためになけなしのお金はたいて色々購入しておりました。

IMG_0178-2.jpg



今年の11月に買ったMackintosh。 表参道のBYESにて購入。


いわゆるド定番のMackintosh Cloth(ゴム引き生地)のモデルです。買ったばかりの頃はゴワゴワして、如何にも

「おろしたてです」

、みたいな感じでちょっと気恥ずかしいのですが、しょっちゅう登板させて良い感じにクタって、ようやく体に馴染んできました。


昔から欲しかったのですが、少しゆったりしたラインが僕には似合わないかなと思って見合わせていました。

ところが昨今のモダナイズ化の流れで今度は細すぎてスーツの上に着られないぐらいスリムに(FENWICK等)。


で、今年DUNKELDが丁度良いぐらいにスリム化したのでようやく購入。

下の写真を見てもらえば分かりますが、裏地とか全くありません。The Mackintoshな一品。ただ、ゴム引きなので風を通さず思った以上に暖かいです。


IMG_0180.jpg



見た目も色も機能も満足なんですが、難点はゴム引きゆえ普通のクリーニング店だと受け付けてもらえず、専門のクリーニング店に出さざるを得ず、ランニングコストがかかること。

ラヴァレックスという多分Mackintoshのクリーニング店だと一番有名な所だと送料込みで一万円ぐらいします。



12万ちょいのコートで一年あたり1万のランニングコストって結構複雑な思いはありますが、着た時の楽しさを考えたら良しとすべきかな(←自分に言い聞かせてるw)。

激速

2009年07月07日 02:39

前に書いたJohn Smedleyがもう届きました。

7/3にオーダーかけて7/6の夕方ですから尋常じゃない速さです。ベッドでだったら女の子に振られるレベル。思わず、

「え?もうなの?」

って不在通知見てつぶやいちゃいましたから。やっぱり通関がないと速いのでしょうか。


外箱

画像 062

画像 063
今回買ったのはSapphireとCharcoal.

John Smedley/Milo/Sapphire
画像 065
写真だと伝わりにくいのですが、Navyとも違う色でインクブルーがイメージとしては一番近いですかね。

John Smedley/Milo/Charcoal
画像 064
こちらは本当にド定番のCharcoal Greyです。着まわしが効くかと思って購入。


一番伝えたい、シーアイランドコットンの肌ざわりを写真では絶対に伝えられないのが残念です。まだ袖は通していませんが、手で撫でるだけクオリティの高さが伝わってきました。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。