--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇的ビフォーアフター 其の壱

2010年01月27日 01:05

イギリスのファッションについての格言に

「紳士が天候によって変えて良い身だしなみはコートだけだ」

なんてのがあるそうで(うろ覚え)。


とはいえ、なんちゃってブリティッシュファンの僕には、シトシト雨が降るイギリスと違い温暖湿潤気候の日本の雨の中でガシガシEGやらG&GやらLobbを履くのはやっぱりキツいものがあるわけで手書き風シリーズ28顔3

そうなってくると必然的に「雨用の靴」なるものが必要となってきます。


しがないサラリーマンの僕にとってはそれはバーニーズオリジナルやPerfettoのラバーが張られた靴、Crockett&JonesのハンドグレードラインではないHALLAMだったりします。
特に梅雨時と秋雨などの雨が続く季節は、絶好調の時の藤川よろしくどうしても登板過多になりがちです。当然雨天着用の後にはそれなりのメンテはするわけですが、如何せん毎回敗戦処理みたいな局面での登板を繰り返していると通常のメンテではカバーしきれない勤続疲労が目立つようになります。


てな訳で、過酷な場面で登板させられる雨用の靴の皆さんに先々週から先週の日曜日にかけて温泉旅行をプレゼントしました。


温泉のお供はこれ↓
7833abbf65.jpg

KIWI SADDLE SOAP



「泡」で元気になるのはオトーサンだけじゃありません

元々動物の革ですのでしかるべく手続を踏めば革も洗えば元気になる(らしい)。

今回のイケニエ、じゃなくて、温泉旅行をプレゼントされたのはこの二足。

逕サ蜒・7_convert_20090517010927

Crockett&Jones HALLAM


IMG_0718.jpg

Perfetto by World Footwear Gallary

Perfettoの方なんてエラい事になってます。CJの方も写真では目立ちませんが、いくら磨いてもハイシャインできないぐらいトウのワックスがムラになってたりします。


こいつらを

親のカタキのように、

左脇抉るように洗うべし


と洗いまくります。


で、入浴後に乾かした後の写真がこちら↓

IMG_0724.jpg

IMG_0006.jpg



…。


惜しい人を亡くした

とか、

やってもうた


などの言葉がよぎります。クリームもワックスも限りなくゼロ。



さてさてここから、

往年の野村再生工場

みたいにPerfettoとCJは見事復活するのか。


続きはCMの後、じゃなくて、『劇的ビフォーアフター 其の弐』に続きます。


ではでは。

スポンサーサイト

いくつかのご質問について

2009年05月28日 23:34

細々と戯言を書いてるこんなブログでも、ありがたいことに読んでくださっている方がいらっしゃいまして、質問をいただいたので回答をアップさせていただきます。


「ビスポークについて」

マリオさんへ

コメントありがとうございます。

実は同様のご質問をmixiでもいただいたことがあるので、僕からの回答を一部流用させていただきます。mixi経由の方はご容赦を。


僕はいわゆる高級靴を本格的に好きになって日が浅い(3年弱)ので、まだまだビスポークに手が出せないんですよ。JL、EG、G&G等も十足弱ぐらいしか持ってないので。

フィッティングとデザインを両立させながら美しい靴をオーダーするにはまだまだ経験が足りないというのが個人的な感覚です。

さすがにフィッティングだけなら1ミリ単位で好みを指定できるとは思うんですが、靴としての美しさを壊さないように自分の足に合わせていけるほど完成形が頭に描けないんですよね。
しばらく履き込んでからの状態も計算に入れて、となるとお手上げです。

Bespokeの語源にもなっているように、オーダーする側の知識がある程度あって初めてハウス側と「対話」ができると思うんですが、今の僕だとハウススタイルの言いなりになるか、やりすぎになるかのどちらかになってしまいそうで…。

各シュー・メーカーの持つスタイルや良さを壊さないようにしつつ独自の色を打ち出していくにはもう少し経験値を積みたいと思っています。

このような考えに至ったのはスーツからの経験が一番大きいです。といっても、仮縫い付のMade to Measureぐらいしか経験がないのでこれまた不正確ですが…。

スーツについては既成を買って細かく修正を入れたり、Made to Measureを試してみたりしました。いくつか失敗をして得た経験則は、

「理想的な体型をしていないと、完璧にフィットするスーツを作っても美しくならない」

というものです。

もちろんスーツは体に合った物であることが前提ですが、不恰好な自分の体型に出来る限り近づける努力をするとどうしてもシルエットが美しくなりませんでした。体にフィットしつつ細かいディテールに懲り、さらにシルエットを美しくするのは相当困難だというのが今のところの僕の到達点です。
僕にとっては同様の考えがシューズのビスポークにも当てはまると考えています。ですので、今は自分が良いと思える靴を履いて、フィッティングとシルエットのバランスを勉強している最中です。


でもいつかは自分の足に完璧にフィットする美しい靴をオーダーしてみたいです。


「EGのセールについて」

Bobさん

メールを頂きありがとうございます。

残念ながら、僕も日付以外は存じておりません。現状でマイサイズの在庫を問い合わせると日々減っていっているというの状況です。その他の情報では、在庫を問い合わせた際に6Dのモデルは通常取り扱いが無く、それがごく稀にセールに出るかも、といった情報しか得ていません。
ですので、ひょっとすると別注や限定モデル(スエード素材)などがセールに対象になるかも知れないです。尤も、向こうの人はアバウトなので、その日の気分、なのかも知れないというのが私見です。

役に立たない回答で申し訳ありません。


靴のメンテナンスあれこれ

2009年05月17日 02:19

前回ご紹介しました、表参道のBrift Hにメンテナンスに出していたCrockett & Jones/Hallamと個人輸入したEdward Green/ChelseaのVintage Steel加工が終わった頃だったので回収に行って来ました。

まずは、
Crockett & Jones/Hallam
逕サ蜒・7_convert_20090517010927

この靴、僕が初めて買ったいわゆる「本格靴」でして、サイズ感も分からなかったので当時としてはキツキツだった6Eで買ってしまいました(6 ̄  ̄)

案の定、沈み込みにより軽く踵が抜けそうな状態に…。

そこで、今回はフルソックをお願いしたのと、これまた訳も分からず磨いていたために傷だらけにしてしまい、さらに磨きすぎて鏡面を痛めてしまったので総合的にメンテナンスしてもらいました。

逕サ蜒・006_convert_20090517010002

逕サ蜒・008_convert_20090517010225

トゥも磨り減っていたため、お試しでゴムを張ったのに加え、ライニングもかなり痛んでいたので張り替えてもらいました。

さらに、ちょっと遊び心を加えようと、MEN'S EXで見て気になっていたBrift HオリジナルのNavyの靴紐に替えてみました。写真では分かりにくいですが、紐の先には黒っぽい金属の飾りがついています。

やはりダメージが大きかったのでピカピカとはいきませんがそれなりにメンテナンスできたので僕としては大満足ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ


次は、
Edward Green/Chelsea
逕サ蜒・005_convert_20090517004607
逕サ蜒・003_convert_20090517004656

食べる前に飲む、じゃなくて、傷む前に備える、ってことでのVintage Steel加工とポリッシュです。

Vintage Steelは通常のVintage Steelではなく、Triumph Steelにしてみました。Dark oakとTriumphの金色が合いそうな気がしたので。
まあまあイイ感じじゃないでしょうか?



せっかくなんで、履いて行ったJohn Lobb/Chapelも磨いてもらいました。
John Lobb/Chapel
IMG_0698_convert_20090517014000.jpg

IMG_0701_convert_20090517013900.jpg

IMG_0700_convert_20090517014109.jpg

(以前に撮ったポリッシュ前)

逕サ蜒・009_convert_20090517010306

逕サ蜒・01_convert_20090517013815

逕サ蜒・010_convert_20090517010405

(ポリッシュ後)

museum calfなんで磨き方が分からずにデリケートクリームとブラッシングしかしていなかったのですが、やはりコバインキを入れてもらってプロに磨いてもらうと大分マシになりますね。


今度は自分でメンテナンスしてみたPhilip?の状態でもアップしてみます。

円高恐るべし

2009年05月13日 23:32

円高差益を思いっきり享受してやろうと、Edward Greenにマイサイズの在庫を問い合わせたのですが。

こんなメールが返ってきました…↓

We are sorry but due to many orders from Japan our stock of small sizes is very low. We do not have the models you mention in size 5.5 at the moment.

(訳)
悪いな、日本人が円高で調子こいて小さいサイズをバンバンオーダーかけやがって殆ど在庫がねーんだ。てめーの欲しがってるモデルの在庫はねえよ。


足が小さい自分が恨めしい。

ちなみに欲しいモデル以外のマイサイズでどんな在庫があるか確認すると…。

Chelsea Black 82 last
Chelsea Black 202
Claverton Black 82
Dover Black 202
Midford Black 82
Westminster Dark oak 888

殆どが黒ばっかり…。

Chelsea黒は持ってるし、Clavertonは黒だと色気が…。Doverは欲しいモデルですが、黒だとカジュアルが合わせにくい。Westminsterは前から欲しかったのですが、うーん。


MTOをかけるならG & Gの方が自由度が高いし、待つ期間もそんなに変わらないので悩むところです。

確かに英語は下手ですが

2009年05月12日 01:55

John Lobb/Jermyn Street shopの対応の悪さに心が折れそうです…。

DeanさんのとってもFriendlyな対応を並行して経験しているからなおさら。ちゃんと文章を読んでくれ、頼むから。

まもなくカタログが届くそうなので、次の靴はG&Gで買います。同じくFriendlyだったEGのセールも近いですし、僕のサイズの次の靴も出来上がるみたいですので、安くないお金出してつっけんどんな対応で嫌な思いをしてまで買わなくてもいいかと思っています。



…とはいえ、PhilipのDeep Blue Museum Calfは綺麗なんですよねぇ…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。