--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若気の至り大賞エントリー

2010年01月10日 01:41

多数のブロガーさんが参加して盛り上がっている、tachanさんの「買って良かった大賞!」とは真逆のベクトルで、開催すら危ぶまれている「若気の至り大賞」です。


このままだと、主催者すら参加せず、

無かった事

になりかねないので、先陣を切ります。


僕の地獄の、じゃなかった、至極の逸品はコレ↓





















IMG_0506-2.jpg

beauty:beast Lace Blouse


頭の回線がどう繋がったらこんなの着こなせると思えたのか今では想像出来ませんが、間違いなく自分で買いました。

これを買った当時は大学2年生ぐらいで、ファッション好きが間違った方向に高じて、どんどんチャレンジングなアイテムに手を伸ばしていた頃でした。このbeauty:beast以外ですと、MASAKI MATSUSHIMAやJean-Paul GAULTIERなんかも好きでしたね。


このブラウスを買った当時は、恐らく、あくまでも恐らくですよ、ヴィジュアル系が大好きでL'Arc?en?CielのHydeみたいな方向を目指していたような記憶があります。

僕とHydeの共通点なんて

背が低い

ことぐらいなんですけどね。


買った場所は大阪は南船場のbeauty:beastのオンリー・ショップ。確か4万円ぐらいしました。ウキウキして家で試着した途端に妹に、

「お兄ちゃん、それを着て近所を歩かんといてや」

と即座に死刑宣告をされるという哀しい秘話もあります。


それにしてもスケスケですねー。背中だけではなくモチロン前も透けてます。
IMG_0222-22.jpg


本人はヴィジュアル系のつもりだったかも知れませんが、どう見てもゲイボーイですねw



で、妹の目を盗んでこれを着てクラブに踊りに行ったりしたかというとさにあらず。



ケミカルウォッシュ率が神戸の街中の10倍という関西の某国立大学の工学部の講義を受けていましたw タイムマシーンがあったら過去に遡って後頭部に金属バットをフルスイングしたいですね?。

ケミカルウォッシュとダイエーで売ってそうなスニーカーという「The 理系男子」の横で、スケスケの花柄ブラウスを着た僕が並んで構造力学の授業を受けているという、カオスな光景がそこにはありました。


モチロン、素肌にこれを着るなどという暴挙はいくらなんでも出来ず、ブラウスの下にはJean-Paul GAULTIERの真っ赤なピタピタのTシャツは着用していました。



こんなの自分の物に出来る人なんてそうそういないとは思いますが、やはり薔薇の刺繍は美しいので

「学生時代並に痩せたらもう一度袖を通してみよう」

と三十路を越えてもたまに妄想したりしています。



さて、いかがでしたでしょうか、僕の若気の至り。シャア・アズナブルの名言にて本エントリーを締めさせていただきたいと思います。



『認めたくないものだな…。自分自身の、若さ故の過ちというものを』


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。