--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス旅行記?牛(の革)をめぐる冒険??

2009年05月23日 15:03

随分間が空いてしまったイギリス旅行記の続編。


?あらすじ?
彼女との旅行なのに、

「俺は靴を見に行くから、今日は君は好きなところに行けばいい」

と暴言を放ち、LondonからNorthamptonに向かったアンファンテリブル。

数々の苦難を乗り越えw、いよいよJonh Lobbの目の前に降り立った。果たしてアンファンテリブルは伝説の秘宝、「John Lobb」を手に入れられるのか。

?ネタフリココまで?

ま、駅前でタクシーにJohn Lobbの工場に行きたいって告げたらあっさりついたんですけどね、実際。
あ、歩くのは止めた方がいいです。坂が結構あったような気がします。

外観はこんな感じ。
IMG_0208.jpg

IMG_0210.jpg


「ココがセーブポイント」と書いてあるわけも無く、営業時間。日曜はばっちり休みです。僕は事前に確認していたので水曜日にしました。週末は混むらしいので、行かれる方はWeek dayにされた方が安全だと思います。
IMG_0211.jpg


ドアが閉じられているので、ちょっとドキドキしつつ、

"Hello, I wanna lookin' your shoes. Could you accept to me enter?"

などとインチキな英語でお願いすると、しばしの沈黙。やべえ、間違えた?もしくは臨時休業?とか考えていると、

"O.K. Come in"

と言われたので中へ。

中はこんな感じです。
IMG_0202.jpg

IMG_0203-2.jpg

IMG_0204.jpg


この天井まで積み上げられた箱が全部John Lobbだと思うと壮観ですね。


しかし、この中から自分の好きな靴を探すのは大変だなあ、と思案していると、

おばちゃんが

"May I help you? "

と話しかけてきてくれたので、マイサイズを告げると在庫から次々にお薦めの靴を出してきてくれました。

IMG_0201.jpg

IMG_0200.jpg

もう、次から次へと親の仇のように出してきてくれるので悩みまくりですw ライニングが黒いのが履いていった僕の黒のChelseaなんですが、間違えて返却してしまいそうです( ̄▽+ ̄*)


ラストが違うと履き心地も随分違いますし、どうしたもんかと悩んでいましたら、おばちゃんが好みの靴はあると聞いてきたので、定番だしないだろうなとは思いつつ、

"I wanna try Philip"

と告げると出してきてくれました、BrownのPhilip。

最初に買うならやはりJohn Lobbを代表するモデルと思っていたので本当にラッキーでした。おそらく、日本では僕を困らせる小さい足のおかげで在庫が残っていたんだと思います。

予算的にはもう一足はいけるので何にしようかと悩んだんですが、ここはJohn LobbらしいMuseum Calfだろうということで、Dark BrownのMuseum CalfのChapelをチョイス。

もう一足イヤーモデルのJohn Lobb2007を買うか随分迷ったのですが、荷物になり過ぎるのとポンド高の当時だと予算がきついので泣く泣く断念。


お会計のおばちゃん。
IMG_0206.jpg

John Lobbらしからぬ庶民派の親切な人でした。


値段はAmexの明細で確認したところ、GBP490ですので当時のレートで約105,000円。これにVATのTax Refundがありましたから10万弱でPrestige Lineが買えた事になります。ポンド高じゃない今ならいくらになるんでしょうかね。


Tricker's編、Jermyn Street編はまたの機会に。


追記

買った靴の写真を撮り忘れるという凡ミスをしていました…。







スポンサーサイト


コメント

  1. su-jin | URL | mQop/nM.

    聖地巡礼ですね(^o^)

    アンファンテリブルさん おはようございます
    私もいつかはNorthamptonに行きたいと思っていますがなかなか行けないんですよね(-_-)
    時間がある時には懐が寂しいし懐に余裕がある時には時間が無い(>_<)って感じです。
    様々な靴ブログに出てくるJLファクトリーショップの親切なレディを初めて見ました(^_^;)
    他のファクトリーショップのレポートも楽しみにしています。

  2. アンファンテリブル | URL | k2w50FSQ

    まさしく

    su-jinさん

    コメントありがとうございます。

    まさしく聖地巡礼です。五体投地しようかと思いましたw

    当時の彼女には「絶対行っても面白くないから俺一人で行く」と言いくるめました。普通に考えて靴の工場なんて絶対に面白くないですから…。

    Londonからのアクセスはよろしくないですが、機会があれば言ってください。写真は撮れませんが、まさに作っているところが見れますので楽しいと思います。

    おばちゃんはかなり照れていたのですが激写しました(笑)

    頑張って他のファクトリーもアップします。

  3. ジンジン | URL | hfXXqAf6

    No title

    アンファンテリブルさん聖地に行かれたんですね!!
    さすが聖地、日本じゃロブの山済みは見れないですね(^^)
    いつかは行きたい場所ですので勉強になります
    本当他のファクトリーのUPもお願いします。

  4. アンファンテリブル | URL | k2w50FSQ

    ありがたみが薄れるぐらいです

    ジンジンさん

    コメントありがとうございます。

    英国靴好きの聖地なんですが、余りにも大量に試着を勧めてくるので若干ありがたみが(笑)

    でも、やっぱりここでJohn Lobbが作られているのかと思うと感慨深かったです。

    ご期待に沿う内容かは分かりませんが、他のファクトリーもアップします。

  5. tachan0912 | URL | -

    No title

    アンファンテリブルさんこんばんは!! 写真は??  めっちゃ気になるじゃないすかぁ(^^;
    とにかく羨ましいです。。  僕の家内も大学時代イギリスに留学して
    たくらいなので、とても行きたがってるんですよ!  目的は違えどお互いの気持ちは同じなので近々行きたいなぁ!

  6. アンファンテリブル | URL | k2w50FSQ

    理解がある奥さんですね

    tachan0912さん

    コメントありがとうございます。

    奥さんが行きたがってらっしゃっているというのは本当に素敵ですね。僕は謝り倒して行きましたから(笑)

    ぜひぜひ行ってみて下さい。街の雰囲気も産業革命時代の名残がそこかしこに残っていて本当に素敵ですよ。手作業の匂いが残るこの工場から世界中の靴好きの足元に靴が届けられているんだ、と感動します。

    tachan0912さんのレポを読む日を楽しみにしています。

    追記

    リンクありがとうございました。

  7. tachan0912 | URL | -

    アンファンデリブルさん どうもです!
    僕はどうにもリンクの貼り方がよくわからないので 未だにどなたのも貼ってないんすよ(・_・;)
    勉強して出来るようになれば貼らせていただきますねf^_^;

  8. アンファンテリブル | URL | k2w50FSQ

    No title

    tachan0912さん

    こちらこそ勝手にリンクするのは申し訳なかったので、許可をいただきたい旨をお伝えしたかっただけですので。

    重ねて御礼申し上げます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enfantterrible1121.blog66.fc2.com/tb.php/23-d01aa6ff
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。