--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス旅行記?牛(の革)をめぐる冒険??

2009年07月07日 01:54

随分と間が空いてしまったイギリス旅行記の第三弾です。


John Lobbの名物おばちゃんに、

「この後、どこか行くの?」

と聞かれ、

「Crokett&JonesかTricker'sのファクトリーに行こうかなと思ってるよ」

と答えると、

「Crokett&Jonesは今日(水曜日)は休みだよ」

とのお答え…。

結構楽しみにしていたのでガックリ。自分のリサーチ不足を呪いつつじゃあ、Tricker'sに行くかと、道を聞くとなんと、John LobbからTricker'sまでの地図を出してきてくれましたw やはり靴バカが考えることは同じなんだなと思いつつ、

「歩いて行けるか?」

と聞くと、

「近いよ」

とのお答え。

折角だしNorthamptonの街並を観光しながら向かうかとJohn Lobbを出てTricker'sへ向かいます。

John LobbからTricker'sへは大きな公園を右手に眺めながら向かいます。

公園IMG_0212.jpg
のどかな雰囲気がイギリスの田舎町って感じですよね。

後ろを振り向いての一枚IMG_0213.jpg
ベビーカーはやはりMaclarenなんでしょうかね?

車は道路が広いせいか停め放題のようでした。意外だったのはイギリス車が少なかったこと。Lotus ELISEは(´Д`;)ドコー? Caterham super 7は? 多かったのはドイツ車、イタ車、アメ車、たまに日本車って印象ですね(Londonも同じ)。

大らかな車販売
IMG_0214.jpg
路上駐車した自分の車に値段と連絡先書いてますw


おばちゃんに

「近いよ」

と言われたのになかなか着かずに不安に駆られ、近くを歩いている人に聞くも、

「ちょっと歩けばすぐそこだよ」

と言われてひたすら真っ直ぐ歩きます。


結果としては海外の人の距離感と日本人の人の距離感の差を痛感する羽目に…。正直に言うと迷いましたorz

神戸は坂の上が北、坂を下ると南(大丸神戸店の店内案内にも山側・海側と書いてあったり)と極めて方角が掴み易いので、神戸人は坂のアップダウンが多くて、道がクネクネした街に来ると途端に迷いやすいんですよね…。いや、僕だけかも知れませんが。

ヤバい、お昼になると一斉に店が閉まる、Londonに戻ることを考えると時間がない、と焦りながらひたすらここら辺と思しき場所をグルグル回ってようやくたどり着きました、Tricker's

Tricker's概観-1
IMG_0228.jpg

Tricker's概観-2
IMG_0224.jpg
いかにもイギリスの工場、って趣ですね。

工場のあるストリート
IMG_0217.jpg
IMG_0222.jpg
車が無ければ、『ラピュタ』に出てくるパズーの親方たちが出てきそうです。


通を渡ってTricekr'sの工場のある側に渡り、ウロウロすると入り口が見つかりました。

入り口
IMG_0227.jpg

ロイヤルワラント?っぽいエンブレム
IMG_0225.jpg

入口を入ったところにあるインターフォンでファクトリーショップを見たい旨を告げるとオートロックが解除され中へ案内されました。
John Lobbと違い、職人さんが靴を作ってるところを見ながら工場内のショップへ向かいます。残念ながら靴を作っているところは撮影NGでしたが。


ショップのレジの横にあるキャンディーボックス
IMG_0218.jpg
縮小が上手くできてないので残念な感じですが、陶器の質感が可愛かったんですよ、ホント。

いかにもイギリス紳士なTricker'sのおじさん

IMG_0219.jpg
ピンクの蝶ネクタイが可愛いですね。

ここでも一足カントリー・ラインの靴を購入していたのですが写真を撮り忘れましたorz

ファクトリーショップを出るときは工場の通用門みたいなところから外に出ます。

工場の裏手
IMG_0221.jpg


ファクトリーショップを出て時計を見ると次の列車まで結構時間があります。せっかくですからNorthamptonを散策することに。

中心街その1
IMG_0229.jpg

中心街その2
IMG_0230.jpg

中心街の建物
IMG_0252.jpg



ブラブラ歩いていると観光案内所をハケーン。お姉さんにインタビューをすると、ファクトリーショップの紙袋を持っていたせいか、すぐ近くに靴とアートのNorthampton Museumがあるとのこと。英国靴の聖地の靴博物館、これは行かねば。すぐ近くなのにまたもや迷いつつw、Museumへ。

Museum入り口
IMG_0253.jpg


いざ博物館へ。

謎の機械-その1
IMG_0243.jpg

謎の機械-その2
IMG_0238.jpg

謎の機械-その3
IMG_0236.jpg

意匠性の高いソールのコレクション
IMG_0244.jpg
工芸品って感じで面白いですね。ほとんど見えない上に、履いた瞬間から傷ついていくのにここまで凝るのが、「いかにも」って感じです。



博物館を堪能したところで、ちょうど列車の出発時刻が来たので今度は再びLondonへ。目的地はJermyn Streetです。

NEW & LINGWOOD その1
IMG_0262.jpg

NEW & LINGWOOD その2
IMG_0268.jpg
背後に写る買おうかどうか悩んでいる(?)イギリス紳士が渋いですね。

Hilditch & Key その1

IMG_0259.jpg

Hilditch & Key その2

IMG_0257.jpg
ここは別店舗です。なかなかスマートなシャツが置いてあってオーダーするか悩みました。

Turnbull & Asser その1
IMG_0263.jpg

Turnbull & Asser その2
IMG_0267.jpg
高校の先輩でもあり、尊敬する白洲次郎が愛したシャツメーカー。よっぽどオーダーしようか悩みましたが、オーダーの最小ロットが6枚からなんで泣く泣く断念…。


Jrmyn Streetといえば、やはりシューメーカー。ここからはしばしシューメーカーの写真です。


Tricker's

IMG_0264.jpg

Crockett & Jones
IMG_0265.jpg

靴が好きな人には贅沢な並び

IMG_0266.jpg

”王様”John Lobb

IMG_0258.jpg
やはり風格がありますね。

Edward Green
IMG_0261.jpg
当時は?が220円ぐらいでしたのであまり値段も変わらない上に、欲しいモデルのマイサイズもありませんでしたので購入はしませんでした。この当時はまさか一年後に個人輸入をしているなんて夢にも思いませんでした(笑) 拙いメールでご迷惑をおかけしてごめんなさい。 お店の人もまさか極東からモリモリとメールでオーダーが入ることになるなんて思ってなかったでしょうね。

Foster & Son
IMG_0260.jpg

Church
IMG_0256.jpg
中途半端な写真でスミマセンm(_ _)m



場所を移してここからはSavile Rowのスナップショットです。

Chester barrie
IMG_0271.jpg

Gieves & Hawkes
IMG_0269.jpg

Savile Row遠景
IMG_0270.jpg



Rules
IMG_0273.jpg
コヴェントガーデンにある創業1798年の老舗レストラン。 (ロンドンでもっとも古いレストランです)

なぜここの写真を最後に持ってきたかというと、ここの店に入る時に入り口に立っているいかにもイギリス紳士といった風情の店のおじさんが、僕がNorthamptonで買ったJohn Lobbの紙袋を見て、

「良い買い物をしたね?」

と話しかけてきたからです。おまけに近くにいた別の店員にまで話かけたりして(笑)
恐らく僕が日本でも若く見えることに加えて背が低いから相当若く見えたのでしょうね(イギリス旅行中にタバコを買うためにパスポートを見せて驚かれることがしばしばありました。31歳だと名乗ると、16歳に見えると言われたり。半分て、と笑ってしまいました)。
多分、すごい若造がJohn Lobbを頑張って買ったんだと思って微笑ましかったのでしょうね。実際は三十路のおっさんですし、ファクトリ-ショップで買ってきたんですが(笑)

皆さんもイギリス旅行に行かれる時は、John Lobbの紙袋を持っていると一目置かれるかもしれませんよ。
スポンサーサイト


コメント

  1. ジンジン | URL | hfXXqAf6

    No title

    凄いですね!!勉強になります(^^)
    私たちが個人輸入した靴ってココから来てるんですね!
    一度でいいから貯金を沢山持って行ってみたいものです。
    写真でみると想像より綺麗なショップなんですね!?
    フムフム。。本当に勉強になります。

  2. su-jin | URL | mQop/nM.

    いつかは

    アンファンテリブルさん こんにちは (^o^)
    実に素晴らしい!いつかはこんな風に聖地巡礼とジャーミンSTに行ってみたいものです。
    たぶん靴好き以外の人には理解できないと思いますが・・・
    EGもこの£安で日本から物凄い数のオーダーが入って驚いているのではないでしょうか(*_*)
    私の場合は顎鬚が胡麻塩のようになっているので歳相応に見られますし欧米ではスキンヘッドはどこにでもいるので街に溶け込んでいます。
    日本ではダークスーツに磨かれた靴&渋めのネクタイといった格好でいると怪しい職業に見られがちで困ってしまうことが多いです(^^ゞ

  3. バロン | URL | -

    No title

    おぉ、すごい画像満載ですね~。
    僕が行った時よりもどの店もすごいきれいになってます(笑)

    昔のEGなんてほ~んとに古くてあまりきれいじゃなかったですからね。
    画像見て文章を読んでるとまた行きたくてたまらなくなりますね~。

    僕は当時写真を撮らなかったのをヒジョーに後悔してます・・・。

    Jhon Lobbの袋なんか持ってたら物取りに狙われそうですけど(汗)

  4. tachan0912 | URL | -

    来年!

    アンファンテリブルさんこんにちは!
    いや~羨ましい(^^)  実は僕も来年家族を従えて頑張って行こうかと
    考えておりまして・・・・・写真等 大変参考になりました~
    しかし お金はいくらあっても足りませんねぇ(^^;

  5. アンファンテリブル | URL | rroqHEWg

    No title

    ジンジンさん、こんばんは。

    返事が遅くなってすみません。ムチャな遊び方して死んでました。


    当時は輸入するなんて思ってなかったのとポンド高だったので敷居が高いな~、程度だったのですが、今となっては為替相場とにらめっこしながらいつMTOするか悩んでるんですから、不思議なものです。

    EGは思ったよりこじんまりしたショップでしたよ。

  6. アンファンテリブル | URL | rroqHEWg

    No title

    su-jinさん、こんばんは。

    随分と返事遅くなってしまいました。

    >たぶん靴好き以外の人には理解できないと思いますが・・・

    確かにw 我々が鉄道の部品作ってる工場に興奮している鉄道ファンの人を見てるみたいな気持ちでしょうね。


    日本人はただでさえ若く見えるのに、日本でも26~7歳に見える僕はホント子供に見えるんでしょうね。スーツが似合う渋い男になりたいものです。

  7. アンファンテリブル | URL | rroqHEWg

    No title

    バロンさん、こんばんは。

    返事が遅くなってすみません。

    >>
    昔のEGなんてほ~んとに古くてあまりきれいじゃなかったですからね。
    画像見て文章を読んでるとまた行きたくてたまらなくなりますね~。

    日本の高級靴ブームで潤ったのでしょうかw EGなんてかつては倒産しましたからね。今のポンド安のタイミングでジャーミンストリートを満喫したいものです。

    今度行かれた時は是非写真を。僕はウィンドウショッピングしかできませんでしたので。

  8. アンファンテリブル | URL | rroqHEWg

    No title

    tachan0912さん、こんばんは。

    >>
    いや~羨ましい(^^)  実は僕も来年家族を従えて頑張って行こうかと


    ぜひぜひ。ジャーミンに行くときは隠密行動をお勧めします。意外と女性の好きそうなアンティークショップがバーリントンアーケードにあったりして恐ろしいことになるのでw

    来年までポンド安が続くといいですね。僕のときは(;;)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enfantterrible1121.blog66.fc2.com/tb.php/36-96030170
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。