--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっそり更新

2009年12月31日 06:12

夏のオーストラリア旅行から帰国してはや5ヶ月弱。ドタバタして更新をサボっていたら、なんだかタイミングを逃してしまいズルズルと大晦日に。

リンクさせて頂いたブロガーさんの記事は拝見していたものの、何だかコメントしづらくてますます悪循環に陥ってしまいました。

気分はブチって辞めたバイトの給料をもらいに行く気分ですw 制服も返さなきゃ、みたいな。


前置きはこれぐらいにして。

丁度先日、6月中旬に注文していたGaziano & Girlingのパターンオーダーが届いたので写真とともにインプレッションでも書いてみます。

IMG_0172-2.jpg



Gaziano & Girling : SAVOY
Color : Antique Navy
Size : 6D


写真だとイマイチ分かりくいですが、Navyにしました。

なんでわざわざオーダーしたかというと、日本に輸入されてる中にはNavyが無かったから。あと、少しスマートな印象にしたかったので細めのWidthを選ぼうと思ったら日本にはこのモデルが入ってきてませんでした(TomorrowlandにD widthが少しあったような)。



IMG_0174-2.jpg


ソールの写真。相変わらずの絞りのキツい踏まずが色っぽいですね。あと、オーダーなんで爪先にはVintage Steelを付けてもらって少しシックなイメージにしました。



IMG_0175-2.jpg


今回は少しすっきりした感じにしたかったので、「如何にも英国靴」なラウンドトゥ(丸い爪先)ではなく、角張ったスクエアトゥをオーダー。この辺のワガママが言えるのもオーダーの良いとこです。半年待たされますが…。



IMG_0176-2.jpg


正面からのアップ。やっぱりG&G独特の外側に捻れたラストが僕の心に刺さります。



IMG_0177-2.jpg


縫い目の無い踵が綺麗です。これが一番Navyな感じが出ているでしょうか。


安いと思って1ポンド=150円の時に一括決済してしまいましたが(本来はオーダー時点と注文時点で半分ずつ)、日本だと既製で17万ちょいなんで、送料込みでオーダーが11万ぐらいでしたから、賢い買い物をしたと思います。



年明けあたりにおろそうかと思います。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://enfantterrible1121.blog66.fc2.com/tb.php/46-a27653e7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。