--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーディングファームと会計士あれこれ。

2010年01月08日 07:44

公認会計士試験に合格するとBIG4と呼ばれる大手監査法人にほとんどの人が就職するのがこれまでの通例でした。もっとも、最近の報道等で報じられているように最近の人余りで就職そのものが危うくなっていますがw


その中でも自他ともに認めるリーディングファームと言えば、新日本有限責任監査法人。売上高、クライアント数ともに日本一です。

そうそう、新制度が施行されて最初に有限責任監査法人に移行したのもココ。

また、受かっちゃいけない人まで受かりまくってカスが多過ぎと言われる07年、08年の大量合格時代の公認会計士試験合格者を太っ腹にザル採用しまくったのもシンニポーン。さすが業界No.1。

さらに、監査法人初の赤字を出した事でも有名。そして監査法人冬の時代に対応すべく、いち早く

・ボーナス一律カット
・転進(リストラ)支援制度
・残業代抑制
・繁忙期の休日出勤の強制代休取得
・文房具の支給停止


等でドラスティックかつステキな給与削減(人によっては前年比約50%減)という、無能な人間が美味しい思いをしてしまう監査法人の弊害の改善に乗り出したりと、本当に業界の模範ですw


そんな新日本有限責任監査法人に新たな称号が。


『SPA!』 1/12号より


「美女が格付け! 合コン四季報」(45P)掲載の

合コン企業評価一覧の

『W O R S T 2 位』


に見事輝いております。

「さすが、リーディングファーム。他の監査法人にできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる! あこがれるゥ!(AA略)」




そもそもそんなに会計士なんか周りにいないはずで、しかも特定の監査法人となる極々限られているハズなのに、並み居る大手企業を押しのけての第2位。

なんですかね、こう一回一回が濃密というか、

「悪い意味で」

記憶に残る、といった地道な、そして如何にも会計士らしい合コン活動の賜物でしょうね。


ちなみに女性陣からのコメント。

「給料は業界高水準だが、合コンの場では無銭飲食や無賃タクシー相乗り乗車をする超ドケチな男も存在する。しかも話も退屈でいいところなし。」

せつない…。そして容易に想像できるのが泣けてくる。


でも、「公認会計士」では全体で見るとBEST19位に見事ランクインしてたりします。

同じくコメント。

「高収入の割にはケチでプライドが高くワリカンも当然。だが、新制度導入によって、毎年数百人規模の資格保有者が就職難に苦しんでおり、特権階級ではなくなりつつある。」

むしろなんで19位にランクインしたのか分からないぐらいのヒドい言われようw


まあ、業界の先行きについては実際当たってるなと思います。とある事情により人材紹介会社に集まる求人及び応募者のリストを見る機会がありまして、シビアな現状を目にしました。抜粋するとこんな感じ↓

職歴

監査法人(監査・コンサルティング):6年以上
コンサルティング: 3年以上
経理: 2年以上 

資格
公認会計士
公認内部監査人(CIA)
日商簿記1級 
TOEIC 975 

年齢
35歳

現在の年収
920万円

→希望年収700万円以上。

希望水準低すぎ。物悲しいですよね、200万円下げても転職したいって、どんだけ現状に不満があるんだと。


職歴

監査法人(監査・コンサルティング):10年以上
コンサルティング: 10年以上

資格
公認会計士
中小企業診断士
システムアドミニストレータ
TOEIC 940

年齢
40歳

現在の年収

1100万円

→希望年収1200万円以上。

夢がないですね…。


何だかんだで夢が無いと良い人材って集まらないと思うんで、

「会計士になったら35歳で年収2000万がスタンダード」

ぐらいにならないと、新卒カード捨てたり現職のキャリアを捨てるというリスクを取ってまで会計士を目指す人がますます減ると思います。

スポンサーサイト


コメント

  1. Calm | URL | -

    アンファンさんこんばんは。
    私は某監査法人のグループ会社に勤務(私は会計士ではなく仕事も監査ではありません)しているのですが、新日本のかようにドラスティックなリストラ&コスト削減については知りませんでした。私のその某監査法人でも、監査グループのほうでは多くの若手が(一部の繁忙期を除き)余剰人員状態になってしまっているということをたまに聞きます。やはり弁護士とかと比べちゃうとサラリーのアップサイドポテンシャルが圧倒的に低いですし・・・。会計士試験の難易度等を考慮すると、もうちょっとステータス高くても良いのではと私も思います。
    にしても、会計士の合コン受けはなんとも悲しくてしょっぱい三日月の夜ですね・・・。監査法人が、例えケチでもせめて話がオモロイ人間の集団になるといいですね!

  2. アンファンテリブル | URL | k2w50FSQ

    こんばんは

    Calmさん

    コメントありがとうございます。

    僕も(未)公認会計士と名乗りながら監査は一切やっていない人間でして、一年弱で監査法人を辞めた後にBIG4系でも無い小さい外資系コンサルで働いています。

    元同期に聞く限り、監査法人は今は相当苦しい状況のようです。特に若手の処遇が酷くて、半年間アサインが無い人間が事務所で滞留していたりするようです。

    仰る通り、サラリーのアップサイドポテンシャルは低いですねー。不合格で試験から撤退した場合、日本だと挽回が難しいのでリターンはもう少し多くないと魅力的にならないと思います。

    海外に比べると監査報酬自体が安いのでなかなか難しいですが、せめてパートナーになったら海外のBIG4並のサラリーをもらえれば、ワークライフバランスを総合的に加味した場合に、戦略コンサルや投資銀行等と伍して優秀な人材の就職先になるのではないかなと思ったりしています。

    合コン受けについては集まる人材が保守的で、突き抜けた人間が少ないから致し方ないですね。山っ気があってハチャメチャな人間がいれば面白い集団になるんでしょうけどv-12

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enfantterrible1121.blog66.fc2.com/tb.php/53-95c8ac58
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。